HOME>ホットトピックス>いろいろなタイプがあるので選択時には注意が必要

使用に理解が深まる時代になって来た

働くお母さんが増えたこともあり、子供と一緒に通勤する女性が多くなっています。ベビーカーを利用することで混雑する電車等で問題になったこともありましたが、多くの人が理解を示してくれるようにもなって来ています。そんなべビーカーは、おじいちゃんやおばあちゃんに初孫などが生まれた時、お祝いとしてプレゼントされることがあります。ですがこのベビーカーもたくさんの種類があり、どれが便利で使いやすいのかわかりにくい場合も出て来ます。特に地方に住むおじいちゃんたちは、ネット通販で購入することが多く、その大きさや使いやすさを実際に確認出来ないことが多くなっています。そのためにもベビーカーの種類をキチンと知ることが、大事なことになって来ます。

種類があるので注意が必要

ベビーカーは、大きく分けるとA型とB型があり、A型は生後一ヵ月程度から利用出来るこので、リクライニングがほぼフラットになる特徴があります。背面でも対面でも使用出来る両対面と言う形が多いのですが、背面だけと言うベビーカーもあるので購入の際には注意が必要です。これに対しB型は、姿勢を保つことが出来るようになる生後7ヵ月頃からの利用が良いとされるもので、リクライニングの角度が110度ほどになっています。

AB型と言われる新型も登場

また最近ではこの両方を備えるものとして、B型を基本としているのですが生後1ヵ月程度から利用出来るAB型と呼ばれるスタイルも登場するようになりました。いろいろと改良され工夫されることが多いベビーカーを選ぶ時には、どんなスタイルが良いのかお母さんの希望に沿うことも大事なことになるのでしょう。

広告募集中